今日のひとこと


衆議院議員わたなべ周の『今日の一言』をブログ形式にリニューアルしました
by watanabeshu11
カテゴリ
全体
政治
安全保障
選挙
エッセイ
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


正論対談

 きょう午後1時から雑誌正論8月号の企画で松原仁、笠浩史、鷲尾英一郎議員と対談。テーマは通常国会の総括や党代表選挙、対中政策や人権擁護法案、外国人参政権など。2時間半にわたりそれぞれの思いを語った。内容については、どうぞ、お読みください。
b0132085_17151827.jpg
b0132085_1715447.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-30 17:16 | 政治

自衛隊機派遣

 四川省大地震で1500万人という避難者に対して、テントが不足していることから日本への協力要請。C130輸送機で運ぶかどうかが注目されている。
 成都から350キロほど離れた重慶は70年前に日本軍がゼロ戦で空爆をした都市であり、反日感情が強いとされるが、同じ四川省(現在、重慶は北京、上海と同じ直轄市)に日本の”空軍”が飛来することを中国政府が認めるか否か、被災者支援への本腰度が問われよう。

 今朝の外交防衛部会で外務省に対して発言したが、日本の自衛隊のテントなら日の丸や「陸上自衛隊第〇〇普通科連隊」などと部隊名が入っているはずだが、中国人民も日の丸や自衛隊のテントの中で、この際、日中関係を考えてもらいたい。あすは雑誌「正論」の民主党議員対談に参加、あさってはテレビタックル収録。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-29 19:17 | 安全保障

死刑判決

 昨年4月の長崎市長選挙の最中に、市長を逆恨みして射殺した元暴力団幹部・城尾哲弥被告に、長崎地裁は「民主主義を根底から揺るがす犯行」と断じ、死刑判決を下した。当然の判決だと思う。

 我々の政治責任は選挙という民意で”裁かれる”のであり、政治責任をテロで償わされるのなら、恐ろしくて政治決断はおろか、発言も出来ない。私自身も政治行動や発言を巡って直接の暴力はなくとも匿名の電話やメールによる”攻撃”にさらされる。エスカレートしたときの身の危険を念頭においている。

 現在、国会では「量刑制度」を考える議連が出来、終身刑の有無が議論されはじめたので、いちど総会に参加してみた。議連の方向性が、死刑に代えて極刑を終身刑とするのか、死刑制度を維持して無期懲役との間に終身刑を設けるのか分からないので参加を保留しているが、後者なら積極的に関わりたいと思う。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-27 19:50 | エッセイ

うさんくささ再び

 昨日の山田洋行元専務、宮崎元伸被告の証人喚問で秋山直紀氏への1億円の資金提供や久間氏の名前も飛び出した。山田洋行を巡る疑惑は宮崎氏が逮捕されたこともあって国会での追及は手詰まり感があったが、なんとか防衛スキャンダルの解明に結び付けたい。またテレビを入れた、と自民、公明の与党が欠席したが、与党席が空席だったことで宮崎証人は正直に話せたのだろうか。だとすれば与党のナイスアシストだ。
[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-23 18:50

日本人力

 日本の緊急援助隊の姿が中国国民から高い評価を得た。特に遺体に対して黙祷を捧げた姿勢に称賛が集まっている。1989年、天安門事件で民主化を求めた学生らにおののき中国共産党は戦車隊で鎮圧し、同党の正統性を徹底すべく”軍国日本”は鬼であり悪魔だとプロパガンダ洗脳した。ところが近代的な装備をまとった日本人救援チームの真摯な姿に格の違いを見たのだろう。あまり活躍されては人民の日本観が変わり、中国政府の劣っているところが浮き彫りになることを恐れて帰国せざるを得ないようにしむけたのだろう。あるいは手抜き工事のひどさが暴露することを恐れたのかもしれない。

 かつてここで紹介したが、なでしこジャパンが、「ありがとう中国」の垂幕を広げて試合後にふかぶかと頭を下げたことが中国人に驚きを与えたことも記憶に新しい。

我々日本人は、たとえ相手が嫌っていようとわけ隔てなく責任を果たすまじめな国民性であり、BBCのアンケートでは世界で一番好感を持たれている国は日本だ。日本人は外国でよく被害にあうが、一見の外国人だからといって騙したり、ボッタくったり、チョロまかしたりはしない。日本人の性根のよさ、真面目さ、自信を持って誇りにすべきだ。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-22 18:04

期別懇談会

 きょう夜は小沢代表の呼び掛けによる3,4期の懇親会。小沢代表の会はいつも中華料理で代表がショウコウ酒を呑みながら3つのテーブルを20分づつ回って一時間で退席するパターン。きょうは四川飯店の成都の間。よりによってはまりすぎ。代表は9月以降年末までに解散総選挙がある。しなければならない事態になる、夏に田の草をとらないと秋に実らない、準備を怠るなと冒頭あいさつ。そろそろ選挙を意識して本腰を入れるとしなければ。
[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-20 18:23 | 選挙

サザン活動休止!

 けさの新聞の社会面に載るほどのニュースとなってるサザンの無期限活動休止。書いた記者もその世代なのか思い入れを持った書きぶり。高校時代にザベストテン、今週のスポットライトでシンドバットを聞いて以来、今日までファンを続ける私にとっても一大事。

 浪人生活が決まって東京に出てきた最初の年、友達と歩いていたラフォーレ原宿でサザンのコンサートチケットが売り出されているのを偶然見つけて、田園コロシアムのライブに行ったのが初めて。こーふんして前日に眠れず、徹夜してしまったことを覚えている。ちなみに予備校で、「田園コロシアムのある田園調布ってどこにあるの?」「調布だよ」と、今なら想像を絶するでたらめを教わり(東京の人間に)、肝心なことは自分で確かめることの大切さを知った。

 曲のあれこれを書き始めるとキリがないので、ここでは思い入れを伝えないが、アルバムの中には”政治家”とか”ニッポンのヒール”のタイトルで政治風刺、世相を斬ったナンバーも多い。沖縄への曲を何曲も作り、筑紫哲也NEWS23のエンディングにも使われ、宜野湾でのライブでは喜納昌吉さんの花をアンコールで歌うほど、沖縄への思い入れも強い。このまま流れ解散にならないことをただただお祈りするばかりです。

 ちなみに写真はキャンペーンでタイアップしたJALから手に入れた秘蔵のフィギュア。
b0132085_16484827.jpg
[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-19 16:51 | エッセイ

食の安全

 わが党の山田正彦議員から、「中国に食で潰される日本の行く末」という著書を頂く。国内で消費される冷凍食品のうち輸入食品は43%を占め、そのうち64%が中国製という。中国では年に50万件の農薬中毒事件が起こり、1万人が死亡していると指摘する。一方で日本の検疫体制は全国31カ所で立った314人の検疫官しかおらず、抽出調査は11%。9割は書面審査のみという恐ろしい実態だ。命を守る政策と人員には財政を惜しんではならない。

 中国当局は四川地震の救出を打ち切ったようだが、あまりにも見切りが早くないか。中国では”いのちの値段”が安く思えるのは私だけだろうか。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-16 18:36 | エッセイ

ミャンマーはどうなった

 中国四川省の大地震発生でミャンマーのサイクロン被害の報道が押しやられている感がある。軍事政権が西側の人的支援もメディアもほとんど入れていないので実情を伝える情報が極めて少ないことも原因だが、ミャンマーは伝染病の発生も伝えられ、特異な政権によって被害拡大は人的被害といえる。

 大きな出来事が重なり世の関心が移ろう中でミャンマーをしっかり見ていなければならない。世界の関心がそれれば軍事政権の思う壺になってしまう。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-15 18:54 | エッセイ

中国地震

 四川省の大地震。人的援助に対して中国は受け入れ態勢が出来ていないということのようだが、これだけの災害だ。邦人の安否もまだ不明な現状、経験豊かな日本の優秀な緊急援助隊を受け入れるべきだ。日本は準備が出来ている。温家宝首相が陣頭指揮を取って徹底した中央のリーダーシップを見せ付けているが、人命、人道第一に考えるのならこの際、政治的邪念をおいて、素直に受け入れるべきではないか。
[PR]

by watanabeshu11 | 2008-05-14 19:06 | エッセイ