今日のひとこと


衆議院議員わたなべ周の『今日の一言』をブログ形式にリニューアルしました
by watanabeshu11
カテゴリ
全体
政治
安全保障
選挙
エッセイ
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


党首討論

 本日の党首討論では、多弁を弄した麻生総理の自信の無さが伝わってきた。「政局よりも政策」といいながら、衆院選の”発射台”として飽きるほどメディアジャックして総裁選挙をやったのは、そもそも選挙勝利だけを考えていた自民党ではなかったか。政策が無いから2次補正は提出できず、定額給付金は迷走し続ける。民意を背景にした小沢代表の格上さが充満していた。

 党首討論が終わったあと、これまでなら、多くの与党議員がねぎらいの握手を求めて取り囲むものだが、それも少なく寂しかった。就任2ヶ月で麻生総理の進退を巡って微妙な空気が流れ始めた。


b0132085_18583566.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-28 18:58 | 政治

卑劣なテロ

また卑劣なテロが起き、邦人が犠牲になった。いまもムンバイのホテルで身動きの取れない
同胞が。民主党が本日発表した談話は次のとおり。

2008年11月27日

インド・ムンバイにおける同時多発テロについて(談話)

民主党『次の内閣』
ネクスト外務大臣 鉢呂 吉雄
ネクスト防衛大臣 浅尾慶一郎

 昨夜、インド西部の都市ムンバイで起きた同時多発テロにおいて、銃撃や爆発などで、日本人の津田尚志さんを含め100人以上が犠牲になり、数百人が負傷した。また、犯行グループの一部はホテルに人質を取って立てこもっている。テロの犠牲となった方々及びご遺族に対
し、心より哀悼の意を表するとともに、負傷された方々にお見舞いを申し上げる。

 いかなる理由も市民への無差別テロを正当化できない。テロ行為は、民主主義を暴力によって破壊する極めて卑劣な行為であり、強く非難する。また、犯行グループに対し、人質の即時解放を要求する。

 政府は、残留邦人の安全に万全を期すとともに、事態の収拾に向けた情報の収集やインド政府への協力も含め、今後の対応に全力を尽くすべきである。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-27 18:37 | 政治

真に必要な道路

 国土交通省が前回推計でピークとした2020年で比べ、道路需要を当初より13%下方修正した。我々が指摘した右肩上がりの道路整備計画の見直しを認めた形だ。権限と財源を永久に増やしていきたい国土交通省が計画を立てるのだから、現実無視の”永遠の右肩上がり”計画は当たり前のことなのだ。

 反面で、狭隘道路や危険な通学路も数多くある。真に必要かつ急ぎ整備すべき道路はその地方が判断して、早急に予算化できるように財源と権限を地方に渡すべきだ。いつまでも霞ヶ関に陳情を繰り返さなければ目の前の道路すら補助金待ち、という仕組みは終わらせなければいけない。道路死守を訴える知事たちも財源と権限があればスムースに事業着手できることは分かっていても、いまの仕組みではしっぺ返しが怖くて口に出せない。

 また国がいう「真に必要な道路」を、客観的に優先順位をつける第三者委員会や評価基準も作るべきであり、道路財源の一般財源化と同時に農道・林道も一本化して”道路整備”計画としなければならない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-26 18:32 | 政治

潮目がかわってきた?

 今朝の新聞各紙も含めて、新聞の見出しが麻生総理に対して、急速に辛辣になってきた。”麻生流発言 身内も批判””総理なんて関係ない”などの文字が踊る。麻生政権に対し、これまではまだメディアはお手並拝見、ご祝儀相場もあって少々の好意や期待、寛容さがにじみ出ていたように思うが、KY(漢字読めない)や相次ぐ舌禍、場あたり的政策の迷走で、与党内のいらだち、不平不満のコトバが、むき出しで活字となってきた。

 有権者はメディアを通じて永田町を見るのだから、読んだ人間が支持するはずがない。何もかもダメ、とばかりに書かれた森政権時に似てきた。わずか就任2カ月で危険な状況だ。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-21 22:15 | 政治

許されぬ凶行

 世間を震撼させている元厚生労働事務次官宅が相次いで襲われた事件。年金を巡る様々な不祥事と関係があるのかどうか捜査が進んでいるが、人の命を奪う凶行にいかなる正当な理由もない。第3の犯行を起こしてはならず、1日も早い犯人逮捕を祈るばかり。

 石井紘基・元代議士の刺殺事件や長崎市長射殺事件など生々しく記憶に残るだけに政治や政策への不満を暴力で復讐することを絶対に許してはならない。事務次官を辞めてずいぶんな歳月が経つが、その自宅まで探し出して襲った執念に戦慄する。
 こうした事件が起こると模倣犯のネット書き込みや脅迫など更なる社会不安を引き起こす輩が出てくる。これも厳しく対処しなければならない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-19 18:54

幸せになってください。

b0132085_1713039.jpg
           "Smile For You!!"

        楽屋にて photo by 古川元久議員
[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-18 17:18 | エッセイ

太田総理収録 

 今日は日テレで、「太田光の私が総理大臣になったら」の収録に向かいます。
 テーマは「防衛・外務・法務省以外の省庁は潰して、地方分権を確立します」という内容で、11月21日に放送される予定です。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-17 17:48 | 政治

基礎学力

 頻繁、未曾有、踏襲を、はんざつ、みぞうゆう、ふしゅう、、、我が国総理の”単なる読み間違い”(本人談)のコトバあれこれ。

 老眼鏡がなく、ヤマカンで原稿を読んだにしても、”みぞうゆう”はないだろう。表に出てないが詳細を”ようさい”とも読んでいる。
政治家の歴史認識の過ちはないわけではない(これはこれで問題だが)が、これほど漢字が読めないと、基礎学力欠如なのだ。

 昨日の懇親会で乾杯の音頭を取った仙谷先生、、、『小学校、中学校でまじめに勉強したかどうか、こういうときにわかりますね。勉強しましょう、カンパーイ、、』

 自民党も頭を抱えているらしい。総理は役人の資料やら説明やらも理解できて、その地位にいるのだろうか。不安を通り過ぎて恐怖すら覚える。

 記者時代、ケイオー法学部出身の新人が、ボヤ火事の原稿で、”天上などを焼いた、けが人はなかった”と書き、『あほー、それだったら銀河系の大惨事じゃねーか』と、叱ったような叱らなかったような。

 かく言う私も、地元の正月ナマ放送番組で一年の抱負を色紙に書く企画で、痛みを伴う改革は税金を使う側から、を、痛みを供う改革は、、、と書いてしまい、見ていた女房から直ちにケータイに、あんた字間違ってる!と悲鳴にも似た指摘があった。

 漢字ドリルは大事だ。きょうのこのひとことに誤字がないことを祈る。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-14 17:11

迷走 所得制限

 定額給付金を巡る、所得制限について、自民、公明両党の政策決定が揺れている。
所得制限を設けるかどうかは、各市町村がそれぞれ決定するというまる投げ案が浮上しているという。

 所得制限をした場合に、「不公平だ」という反発を恐れ、責任を市町村に押し付けるだけの考え方に、緊急景気対策という目的を失った、迷走する与党政府しか見えてこない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-12 19:23 | 政治

所得制限

迷走続ける”生活支援給付金”だが、結局、所得制限を設けず、高額所得者には辞退をしてもらえれば、という方向となった。こうなると、とても”政策”とは言えない。だいたい制度設計に無理があることを知りながら、やっつけの選挙対策で決めてしまったことだからだ。

 衆院選勝利のため、選挙の顔を代えてみたもののスタートでツマづき、構造改革なき名ばかりの景気政策は市場の株価を下げ、最後は禁じ手の現ナマバラマキになった。先週、党幹部にも言ったが、いち早く民主党は受け取らないことを表明すべきであり、他の野党も同調、政策決定の当事者の与党からも辞退者が続出するだろう。マスコミは全議員に受け取るか受け取らないかのアンケートを始め、知事、市長、都議、県議や著名な司会者やジャーナリスト、コメンテーターはどうするのだ、と連日取り上げる。もうこうなると年金未納事件時のようにあちこちに飛び火する。受け取る人間はひっそりと、辞退した人間こそが善である、との風潮が広がり人間関係もおかしくする懸念もある。

 そもそも日本人の美学からして、必要でないもの、無駄なことに浪費はしない。来るべき負担増に備えて堅実に固定費の支払いや貯蓄に回すことになる。カネを貰ったから政府与党に恩義を感じる、なんてことはあり得ないのだ。

[PR]

by watanabeshu11 | 2008-11-11 18:22 | 政治