今日のひとこと


衆議院議員わたなべ周の『今日の一言』をブログ形式にリニューアルしました
by watanabeshu11
カテゴリ
全体
政治
安全保障
選挙
エッセイ
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


県知事選挙

 県知事選挙も告示から一週間が経った。きょう25日は鳩山由紀夫代表が県都静岡市に入り、青葉公園での街頭集会で1500人を超える人並みだったという。

 すでに今週発売の”サンデー毎日”は民間会社を使った約1000サンプルの調査に基づく当落予想まで載せるなど、そろそろ報道各社による期日前出口調査や駅頭での対面調査の”数字”といわれるものが、どこからともなく伝えられる。その数字を信じれば、与党候補をわずかにリードしながら激戦を繰り広げているとのこと。

 あすは第一声から候補者と同行して終日、私の選挙区内で活動。ひとりでも多くの方にお会いしたい。
b0132085_1351310.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-25 17:51 | 選挙

東國原知事

 宮崎県庁で古賀誠・自民党選対委員長が東國原・宮崎県知事に出馬要請したことが昨日からニュースになっている。

 以前、テレビ番組でご一緒したとき、ある筋から聞いた
「当初の、知事を10年やる、が、一年一年懸命に取り組む、になり、いまや1日1日をしっかり務める、に変わったということ。国政志向がありありでは、」と突っ込んだが、返事は無かった。

 ここで出馬してしまえば、無党派を代表する知事だからこその人気が、自民党の”広告塔”で急速に終わるだろう。任期途中でやめた、というマイナスイメージは知事にとって「知事職はしょせん自分のステップアップのためだった」と一気に批判の矢面に立つ。だいたいタレント候補は選挙までしか取り上げられない。

 それにしても新聞の見出しやテレビは「なめられた自民党」のオンパレード。
 コメントを求められた笹川総務会長の「あほらしい」と吐き捨てた一言が、端的にすべてを物語っていないか。今回の騒動、自民党にはプラスは無いだろう。
b0132085_15495717.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-24 15:50 | 選挙

内閣不支持率

 西松建設問題の初公判を受け、週明けの世論調査が行われた。
 麻生政権への不信が増し、民主党を中心とした政権への期待が増す結果となった。

 自公政権がいくら総理の顔を替えても、政権交代なくして根本的な政策の転換ができないことに国民は気付いている。

b0132085_18151812.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-23 18:15 | 選挙

西松建設 初公判

 今日、「西松建設」の違法献金事件で、東京地裁で初公判が開かれた。
 裁判の行方を見守ることしかできないが、国民から説明責任を問う声は多い。

 政治とカネの疑念を払拭するためにも、改めて自らを戒め、国民の疑念を取り払う努力を継続させる以外にない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-19 18:58

第2回党首討論

 鳩山代表と麻生総理の2回目の党首討論が行われた。

 総務省更迭を巡る混乱に対して、鳩山代表からの「判断ができない、ぶれる、間違える。首相の器としていかがなものか」という指摘に、麻生総理から明確な説明はなかった。

 日本郵政は、全株式を国が保有する「国有会社」だ。一般の民間会社と同様に扱っては、国民の理解が得られる訳がない。株主として、会社の価値を高め、提供されるサービスが向上するよう、常に目を向けている必要がある。

 国民にとって一番関心があるのは、郵便料金が安くなったり、休日でも窓口サービスが受けられるなど、日本郵政のサービスが今後更に良くなることだ。

 そのためには、行政の責任として、経営を監査していくことは「介入」ではなく、当然行わなければならない役割だ。


b0132085_11563120.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-18 11:54 | 政治

川勝平太氏推薦

 きょう党本部の持ちまわり常任幹事会で民主党静岡県連が推薦した川勝平太氏の推薦が決定した。きょう4時から有志議員約30名が参院会館会議室に集まって気勢を挙げ、その後、党本部で鳩山代表、岡田幹事長らから激励を受けた。

 あさって18日告示、7月5日投票で出遅れ感は否めないが、名古屋、埼玉、千葉と続いた民主党の勝利をここで止めるわけにはいかない。なんとしても勝利して7月12日投票の東京都議選に勝利のたすきをつなげたい。

 これで党挙げての支援体制が敷かれることになる。きょうから本格的なスタートともいえる。日本の理想”静岡県”を創るために、全力で巻き返していく。


b0132085_19343983.jpg
b0132085_1934889.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-16 19:35 | 選挙

支持率調査

 昨日の千葉市長選挙の勝利と同じくして、マスコミ各社の世論調査で民主への支持が軒並み上がっている。毎日新聞では一昨年の参院選挙後の34%を上回る史上最高値という。

 今朝沼津駅北口で街頭演説したが、民主党と聞いてUターンしてチラシを受け取る人もいて、街頭演説を”楽しく感じる”のは、初めてかもしれない。とにかく気を引き締めて、緻密に具体的に政策を詰めなくては。

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-15 19:37 | 選挙

骨太の方針と役人天国

 政府の経済財政諮問会議は、「骨太の方針」の素案を示した。社会保障費の削減を決めながら、消費税率引き上げの試算を行っているという。こうした意味不明な方針が自民党のマニフェストの骨格となっている。

 一方で、農林水産、経済産業、総務の3省が所管する社団法人「日本農村情報システム協会」の不正支出問題。中央省庁OBらが巨額の補助金という「甘い汁」を吸い続けていた。

 こうした、税金の無駄遣いを止めることがなければ、バケツの底に開いた穴のように、いくら消費税率をあげても、財政状況が改善することはない。

 「いいかげんにしろ、役人天国」という国民の叫びが止まらない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-11 19:47 | 選挙

静岡空港

 6月3日に開港した静岡空港を日曜日にみてきました。開港して最初の休日ということもあってたくさんの見学者が訪れていました。空港周辺はまだ土が盛られているところもあり、完全オープンではありませんが、とにかく見物客はすごく、ターミナルへの入場制限が行われてました。

 反面で午後2時過ぎ、福岡行きのJALのみ離陸だったためか発券カウンターはまばらでした。上海行きの中国東方航空は搭乗率36%ほどで、夏場の利用率によっては減便を示唆するなど懸念していた通り、厳しい見通しです。

 また待合室に坐るところが少ない、外貨交換所が小規模、レストランが一つしかない、と利用者の声も聞かれ、改善の余地も大いにあります。

 いまは珍しさもあって、お祭り騒ぎですが、半年後、一年後を考えれば、今後の利用を高めることは深刻な課題であり、伝説のフォークライブが行われた嬬恋、GLAYや浜崎も来たエコパスタジアム、Jリーグとのコラボなどアイデアが必要です。

 文句だけ言っても、できてしまったものは活かさなければ行けないので、私も恒例の後援会旅行で静岡からソウルへの38度線ツアーを計画しようと思います。


b0132085_16453063.jpg

b0132085_16454142.jpg

b0132085_17165284.jpg

b0132085_1717429.jpg

b0132085_17171586.jpg

b0132085_17172781.jpg

b0132085_17173711.jpg

b0132085_17174711.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-10 16:45 | 政治

新産業戦略

 アメリカでは、オバマ政権が未曾有の経済危機を乗り越えるために打ち出す政策を発表しています。それはエネルギー分野や教育・医療など21世紀の競争力強化に必要なインフラに積極的・優先的に投資するという内容です。中低所得者などへの所得減税をも含め2年間で総額7000億ドルを投入し300万人の雇用を創出するという政策を発表しています。

 一方日本では現在、補正予算も含めて、当面の経済の地盤沈下への対処療法的な官僚主導の案件しか打ち出せていません。アメリカのように21世紀の次世代を見据えた国家目標像を展望できないのは、やはり自公政権の行き詰まりを現しているからです。

 そのような経済状況の中で、民主党は政権獲得後を見据え、次世代の新産業育成を目指す 「イノベーション(技術革新)推進法案」 という構想があります。

 民間による「イノベーションファンド(基金)」 や先端技術に詳しい学者らを集めた「賢人会議」(仮称)を政府の支援で新設し、100万社の起業を目指すと言うものである。情報技術(IT) やバイオテクノロジー、環境、エネルギー分野などの研究の遅れや研究者不足が21世紀の日本の国際競争力強化に必須であるとの認識に基づいています。

 具体的には、(1)研究開発・基礎(2)研究開発・応用(3)製品化(4)事業化の4段階からなる「イノベーション計画」を策定し、全国の拠点大学や民間研究機関などで具体的な研究に着手し、産学官が連携して取り組み、研究費用はファンドから拠出するという内容です。

 政治主導によって、大きな国家戦略を定め、国民から見ても目標が明確であり納得のいくものを創り上げていきます。

 日本には、これからの産業の希望として、急成長している会社がたくさんあります。例えば、島根県にある「中村ブレイス」という義肢を作る会社では、地方に本社がありながら、世界中から仕事が集まってきています。成長を支える原動力となっているのは、社会的な弱者の方々が、喜びを感じてくれる仕事に特化してきた結果です。

 「物づくり日本を復活させよう」などという掛け声だけでなく、世界の人が本当に必要な物をつくる産業が日本には必要であり、細やかな感性を持つ日本人だからこそ、できることだと考えています。そして具体的な法案によって、そうした会社を支える仕組みを整えていくことが、これからの日本に必要です。

[PR]

by watanabeshu11 | 2009-06-08 18:31