今日のひとこと


衆議院議員わたなべ周の『今日の一言』をブログ形式にリニューアルしました
by watanabeshu11
カテゴリ
全体
政治
安全保障
選挙
エッセイ
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


博多にて

 昨夜、博多の日航ホテルで開かれた民主党福岡県連の大会に党本部を代表して出席。地元ソフトバンクホークスが優勝した翌日なので、引き合いに出して挨拶した。

 前身のダイエーホークスが連敗を重ねて低迷し、王監督がファンから辞めてくれ、と罵声も浴びせられた。あの世界の王ですら容赦ない批判に相当参ったらしい。悔しさと無念さの上に今日の常勝ホークスがあるのではないか。

 私たちも一緒で、1800人もの方が来てくださった盛況ぶり、圧倒されるほどの壇上に並んだ統一地方選挙候補者の数。関係者の尽力はもちろん、与党であることも大きく関係しているが、ここまで来るには民主党結党以来支えてくださったたくさんの方の悔しさと無念さがあった。政権交替のその日をみることなくこの世を去った先輩議員や支持者の方々の思いの結実でもある。

 野党ゆえ壁にぶつかり、しかし苦しい中でも立ち上がり、戦い抜いて基盤をつくってきた。
 
 謙虚に、おごることなく、されど力強く邁進していかねばならない。


b0132085_1926470.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-28 19:26 | 選挙

対中戦略

 尖閣での衝突事故の後、威圧的な中国の態度に対中国観が変わった日本人が多いのではないか。

 他国の領域であて逃げをしたからには拘束されて取り調べをするのは当然であり、にもかかわらず釈放したことの事実関係は1日からの国会で明らかにされなければならない。

 22日の朝、ニッポン放送高島ひでたけさんの番組に生出演した際に申し上げたが、衝突のビデオは公開すべきであり、国際社会に対して日本が正当であることを堂々と主張する。

 アメリカの一部報道にある”中国側に分がある”といった無知な認識を改めさせ、日本こそ道理が通っていることを徹底させる。

 また中国の度重なる覇権行動によってフィリピン、インドネシアも屈辱的な対応を迫られてきた。こうした国々と連帯を深め、アメリカとの役割分担を真剣に考えて、今後、中国という厄介な国と向かい合わなければならない。

 また、中国市場に依存し続ける我が国の経済も立ちどまって考えるべきときだ。





平成17年に、安保委員会の視察で撮影した尖閣諸島。

b0132085_1518193.jpg

b0132085_15182819.jpg
b0132085_1518359.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-27 15:21 | 安全保障

新旧引継ぎ

 きょう午後、総務省で新旧三役の引き継ぎと退任式が行われた。よくニュースで見る、花束を抱えて拍手で見送られるアレである。

 原口前大臣に続いて、「日本のどこにも、ふるさとを守って暮らしている人のことを忘れず仕事をしていただきたい」と挨拶をした。

 緊張感と責任感、しかし充実した毎日の連続であった。振り返るとあっという間の一年だった。

 これからは党の選挙責任者として党本部に詰めることになる。金曜日には幹事長、幹事長代理らと北海道5区補欠選挙の協議。


b0132085_19142092.jpg
b0132085_19142753.jpg
b0132085_19143478.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-22 19:15 | 政治

選対委員長就任

 21日の両院総会にて選挙対策委員長に就任しました。

 これまでの政権では閣僚経験者が務める重要な立場です。当面は来月の北海道五区衆院補欠選挙の陣頭指揮を取ります。第二次菅政権の民意を問う試金石です。

 来春の統一地方選挙の責任者でもあり、全力を注ぎます。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-21 19:20 | 選挙

組閣について

 本日、第2次菅内閣が発足した。ねじれ国会を乗り切るべくベテランが手厚く配置された布陣となった。

 岡田・新幹事長も、外相として歴史も文化もちがう国々と折衝した経験に基づき、党運営、他党との政策協議など”外交手腕”が期待される。

 夕方には事務次官はじめ省の幹部が挨拶に来たので、副大臣室で記念撮影。


b0132085_18474312.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-17 18:47 | 政治

闘いすんで

 代表選挙が終わって国会周辺は落ち着き、あさってに予定されている内閣改造を前に残務整理。原口大臣の去就次第でこの職にとどまれるか判らないので、私も副大臣室の1年分の資料を整理。

 昨年9月16日に鳩山政権が誕生してからあすで丸一年、長くて短い時間だったが、メリハリつけて改革に取り組めたと自分なりに自負している。その成果は改めて一覧表にしてお伝えしたい。

 また午後には、先般の台風で伊東市川奈の港に流木が押し寄せ、定置網が大きな被害を受けており、農水省の山田正彦大臣に中田次城県議らとともに陳情。総務省としての支援をちゃんとするよう約束した。
b0132085_18194166.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-15 18:19

あす代表選挙

 日本の総理大臣を決める代表選挙が明日に迫った。マスコミ各社の調査が連日出回っているものの、どちらが総理になるか、接戦なのか差がつくのか結果は全く判らない。最後に投票する国会議員一人一人が日本国民に代わって総理を誕生させる重い使命と説明責任を負う。

 菅政権への支持率が発足当初に次ぐ6割近くに回復した。発足まだ3ヶ月しか経っておらず、「成果」への支持率というよりも”期待率”であるが、代表選で訴えた政策が支持と期待を集めていることも寄与している。

 小沢前幹事長の政策も同じ党であって大きく違うわけがなく、それゆえ菅総理・現政権の政策をしのぐ差はない。違いはイメージだが、やるべきことが国民に理解されることでなければ結果、実現しないであろう。テーマと動機が国民に賛同されることでなければ、剛腕は暴腕になってしまう。

 6割近い期待に背いて、党内の判断が民意と著しくかけ離れれば党そのものへの信頼が大きく揺らぐ。野党時代の民主党代表を選ぶのなら義理やしがらみも大きな要因だろうが、あす選ぶのは日本国の総理である。

 決めることに関与できない国民に対して、それぞれがなぜ投じたかの説明と結果責任を負うことを胸に刻んで臨まなければならない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-13 13:36 | 政治

台風被害

 今日午前、台風9号による記録的な大雨のため被害を受けた静岡県駿東郡小山町に消防庁職員と駆けつけた。

 新聞報道や消防庁から情報収集をしていたが、想像以上に現場は悲惨な状況であった。増水による道路の崩壊によって26世帯が孤立し、中心部の橋崩落や浸水、家屋の損傷を目の当たりにし、いまも町全体で1500世帯が断水して板妻駐屯地の給水車4台に頼っている。

 県と町、住民、自衛隊の協力で懸命の復旧作業が行われているものの、復旧費用、被害総額は現時点で想像もつかず、財政負担を国として負担できるよう局地激甚災害指定に向け、政府内で協議する。

 一日も早く元の生活に戻れるよう全力を挙げたい。


b0132085_18203678.jpg
b0132085_18205129.jpg
b0132085_1821389.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-10 18:21 | 政治

小山町視察

 明日、8日の台風被害を受けた静岡県小山町へ視察に向かいます。

 1時間に120ミリを超える記録的な豪雨によって、大きな被害が出ています。直接現場に赴き、政府として何ができるか対策を検討したいと思います。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-09 19:58 | 政治

行政評価

 総務省行政評価局という部署がある。文字通り各省庁の行政を評価するセクションだが、政治主導でテーマを決め行政評価を命じる。

 わたしがかねてから言い続けている「資格検査検定」改善のための概況把握について先ほどキックオフ案の報告があった。

 資格は312制度、検査検定133制度あるうち、まず

「受講料が10万円以上、資格が類似しているもの、受験者数減少」(建築物環境衛生技術者、計量士、土地改良換地士)「内部留保率の高い公益法人により実施」「役員の平均報酬が1200万以上」と、まずは作業の迅速化のため調査対象をそれぞれ106制度、31制度と絞り込んだ。

 具体例を挙げると(材)日本無線協会の無線従事者講習は30日間合宿で約25万円、(財)食品衛生協会の食品衛生管理者が30日間合宿で35万円。

 (社)日本水道協会の水道技術管理者が15日間合宿で266000円。これだけの時間数と講習費は利用者の膨大な負担、コストとなってると想像される。そもそも長期の合宿ってなんなのか?また消防設備点検資格者講習でも講習受講後の免状発行に別途3000円手数料がかかっているが、うち950円が”電算処理費”なる費用。

 お上がつくったルールに従わなければ仕事、商売はできない。だからどんなに高額でも受講者は黙って負担せざるを得ない。ルールは当然必要だが、作った側に都合がよく、ウマミがあるようなことは断じて許さない。徹底して見直し来年度から引き下げる。また、経過を折りに触れて発表していきたい。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-09-03 17:33 | 政治