今日のひとこと


衆議院議員わたなべ周の『今日の一言』をブログ形式にリニューアルしました
by watanabeshu11
カテゴリ
全体
政治
安全保障
選挙
エッセイ
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


お茶振興議連

 日本茶の更なる普及活動の推進を目的とした「お茶振興議員連盟」の設立総会に出席した。

 会では、インストラクターによるお茶とおにぎりがふるまわれ、総会では全国のお茶が順番に提供されることに決まった。

 学校給食でのお茶の普及や日本茶の輸出に向けた課題などの意見交換が行われ、有効な活動を行っていきたい。


b0132085_15492579.jpg
b0132085_15493332.jpg

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-27 15:36

厳しい審判

 昨日開票された北海道5区補選は、大変残念な結果となりました。

 国民の厳しい審判は、政権交代後のすべての施策に対するものであり、「政治とカネ」「中国尖閣漁船衝突問題」への批判も含めて、全責任は前の政権も含め私達全員が追うべきものと考えます。

 政権交代の実績が問われ、今後の経済対策など、スピード感を持って成果をしっかり見せていかなければならないと痛感しています。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-25 18:40

車検事業の仕分け

 今月27日から始まる事業仕分け第3弾で、車検事業の民営化について検討されることになった。
 
 総務副大臣だった頃に、各省庁の行政評価を行う行政評価局から報告があったので、天下りの温床となっている車検制度の見直しを指示していた。

 「車検費用をもっと安くできないのか?」安全性を確保する点から、車検制度の存続は認めても、天下りシステムを解体すればもっと簡素化できるはずで、生活者の無駄なコストを削減できると要請していた。

 今回の事業仕分けでも対象となり、今までの活動が良い結果に繋がることを期待したい。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-21 18:45

反日デモ

 かつて南天群星ことサザンが中国公演を行った際だと思うが、日本ではよくあるゲリラライブというか路上演奏をやった。場所は天安門広場。

 官憲が飛んできて、一騒動、すぐさまやめたそうだが中国でこの手のことは許されない。表現や集会の自由がない中国で、今回のような規模のデモなどなおさらありえず、当局とあうんの呼吸の予定調和行動である。

 マネー狂騒曲に踊る一部富裕層と所得格差は広がり、歪んだ人心のストレスが反政府に波及することを何より恐れてのガス抜きか。中国報道官が、日本に対する怒りは理解するが、と火に油を注ぐように肯定して、通り一遍に諌めるコメント。なんの説得力も持たない。

 目には目を、とはならず、誇り高き日本人はあくまで抑制的、冷静に対応している。あちらは”大国”ではあるが、国民性、精神性の”格”の違いは比べモノにならない。

 世界の国々はまたも中国と日本の質の違いを確信したことだろう。彼らは歴史など改ざんする国、いわれなき中傷に国民誰もが反論できるよう領土や近現代の”歴史力”を磨き高めなければならない。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-18 19:09 | 安全保障

ファンジョンヨプ死去

 北朝鮮の主体思想の理論的支柱であったが、餓死者が絶えない金正日体制に疑問を持ち、民主化のため亡命したファン元書記が10日、自宅でなくなった。

 7年前、ファン氏の親族の仲介でソウルの脱北者同志会の事務所で面会することができた。私はファン氏に日本の政治家として初めて会った。
 
KCIAの監視下に置かれていた氏は、天井や机の下を指さしながら”ここでは盗聴されています。””私を日本に呼ぶことを日本の政府や議会が韓国政府に要請してください。北朝鮮の実情を日本で証言したい”と語っていた。

 党や国会で何度か試みたものの、金大中、ノムヒョンの対北朝鮮融和政権により、北を刺激せぬよう訪日は警備上の理由を盾に実現しなかった。ソウルで二度目にあった際、主体思想は民族自立の思想、哲学であったのに、金正日が労働党支配の独裁の理屈にすり変えた、と興奮したのを覚えている。氏は発音も抑揚も完ぺきな日本語を話した。

 亡命した時のことに及ぶと、残った家族はおそらく処刑されただろうと目を落とした。それでも独裁国家の民主化のために亡命したが、韓国では自由な政治活動は許されず、こんなはずではなかった、と失望していただろう。

 今年4月に来日した際、新しいことは出てこないだろう、とも言われたが、北の実情がこれだけ世界に知れ渡ったのは、氏の13年前の亡命がひとつのインパクトであった。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-14 18:34

サタズバ

10月16日(土)AM5:45~7:30 TBS「みのもんた サタデーずばっと」に出演予定です。
 
 早朝からですが、ぜひご覧になってください。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-13 18:53

北海道補選告示

 菅改造内閣発足後、最初の国政選挙となる衆院北海道5区の補欠選挙が告示された。

 厳しい戦いになるのは覚悟しているが、勝てば菅新政権スタートの弾みとなる最初のヤマ場。最後まで、全力を尽したい。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-12 10:02 | 選挙

離島振興議連

 昨日、離島振興議員連盟の総会があり、副会長に就任した。

b0132085_1873257.jpg

 静岡県唯一の離島・熱海市初島を抱えていることも離島振興に寄せる強い思であるが、私が離島に惹かれたのは大学のときに高校の同級生と「与論島」に行ったことから始まる。その翌年は北海道の礼文・利尻へ。利尻から一泊浮かそうと小樽まで深夜フェリーを利用、出港を待っていたときに小樽や札幌に生徒の就職探しに行くと思わしき島の高校の先生が見送りに来た生徒たちと一緒にいた。

 生徒達が「先生、私たちの就職宜しくね。頑張ってね」「おう、オマエらの為に頑張ってくるぞ」こんな会話だったようだが、結構遅い時間にもかかわらず素朴な島の子達が、自分達の就職先を探しに行く先生とむつまじく話していた。

 離島に渡るときの心細さと、後にするときの後ろ髪を惹かれる切なさと。離島振興を考えるときの原体験である。

 総務副大臣に就任してからは、隠岐の島での視察をヒントに雇用対策として「コールセンター」を特別償却の対象とした。奄美大島ではへき地診療所を見て、ICTによる遠隔診断を今年度後期の情報通信利活用事業の対象とした。

 情報通信技術の飛躍によって地理的ハンディを縮小することが出来る。併せて離島のための税制や公共交通機関がなく自家用車に依存するしかないガソリン代のコスト削減など取り組んでいく。

 私の選挙区の初島は人口200人ほど。リゾートホテルと民宿が共存する島。ここにある初島小学校の校歌は作詞阿久悠、作曲三木たかしという昭和の大御所が作ったもの。対岸の伊東市宇佐美に住んでいた阿久悠さんに依頼をするのに「そんな有名な人に作ってもらうのには大金がかかる」と子供心に思い、民宿や漁の手伝いをしながらお金をためて校長先生が依頼に行ったという。男気のある阿久さんはもちろんお金など受け取らなかった。

このエピソードは日テレの「深イイ話」でも取り上げられた。

 議員連盟の会長は五島列島出身の山田正彦・前農水大臣だが、「島へ。」http://www.kaifusha.com/という雑誌の監修もしている。昨晩、この初島の話をしたところ、「記者をやっていたのならぜひ寄稿してくれ」と言われた。何度も訪れた島だが、近く、記事を目的に本格的に初島に”取材”に行きたいと考えている。

[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-08 18:09 | エッセイ

北海道補選

 きょう、選対委員長就任後はじめての代議士会が開かれ、今月予定されている北海道5区の補選に関して、全員一丸となって取り組み、応援してもらうよう挨拶しました。

 これまで、総務副大臣として全国の地方に足を運んできましたが、その経験を選対委員長としての役割に活かしていきたいと考えています。

 明日は今週2度目の北海道に向かい、北海道ブロックの医療・介護フォーラムへ出席します。


 
[PR]

by watanabeshu11 | 2010-10-02 15:33 | 政治